ハイエースバンは、積載性やランニングコストという働く車としてのポテンシャルの高さが、人気の要因です。

車としてのポテンシャルが高いハイエースワゴン

働く車として人気のハイエースバン

昔から、荷物も人も積める運べる働く車としてのポテンシャルの高さに、非常に定評があり、根強い人気を誇るのがハイエースバンです。
仕事に使う商用ユースの場合ですと、まず大前提として重要視される部分は、積載性ですが、税率の絡みもありますので、ボディサイズの制限がある中で、限られた寸法の中をどれだけ有効なスペースユーリティを発揮できるかということが課題であり、ユーザーが求める部分といえます。現場に材料や道具を運ぶ回数が一回で済むか二回に分けなければならないかは、大きなコストの差になりえる分かれ道になるのです。

そういった部分について、ハイエースバンという車は、昔から積載性に関し有利となるようなリヤサスペンションの形状を採用し、フラットな面積が、同クラスの他社の車に比べ広く使える点が評価されていました。
また、エンジンなどの耐久性や故障の少なさについても、世界トップクラスのカーメーカーとして君臨する、トヨタの名に恥じぬクオリティを誇っていますから、ランニングコストという点に於きましても、ユーザーの立場に立った車作りを追求しているという部分が、長い間人気を保ち続けることが出来る、大きな要因となっているといえるでしょう。